日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

新着情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

人材不足の時期に
スタッフから「辞めたい」と言われるのは
企業にとっても痛手。
 
就職や結婚などの理由以外で
「辞めたい」と言われた時、
企業側はどう対応をすることで
思いとどまらせることができるのか?
 
今回は、anレポートで人気1位となっている記事を
独自の目線で分析していきます!

「辞めたい」は突然やってくる

従業員が思いつめた表情で
「辞めたい」と伝えてくるときは
必ず理由があります。
その理由を聞く前に
「辞められると困る」などと、企業側の主張をするのは
良い対応とは言えません。
 
「辞めたい」と思っているスタッフは
個人で様々なことを考えた上で
その答えにたどり着いていることを
まずは理解するべきではないでしょうか。
 
それにしっかりと答えてあげることで
「辞めたい」という気持ちを少しでも
思いとどまらせることができるはずです。

「辞めたい」は突然やってくる
「説得」ではなく「聞く」

辞めてほしくないという気持ちから
「辞めたい」と言われると
どうにか引き留めようとする人も多くいますが
かえって逆効果になることもあるので
まずは「聞く」ことに徹するのが良いでしょう。
 
その際に、「今すぐここで話して」という
プレッシャーもかけないようにしましょう。
大切な従業員の重大な話です。
ゆっくりと時間をとって、話せる時間をつくりましょう。

悩みに対して受け身で答える

辞めたい理由はそれぞれですが、
「それは違うよ」と一方的に否定をすると
「わかってもらえてない」と感じてしまいます。
なので、否定ではなく、
悩みを解消できる一言を伝えてあげることが大切です。
 
「そうか、気付かなくてごめんね」
こう一言を添え、「私からもこうするよ」という
悩みに対する解決を提示してあげましょう。

悩みに対して受け身で答える
「辞めたい」は「辞めます」とは違う


「辞めたい」と考えている人は
何かしらの理由があり、それによって「辞めたい」
となるのではないでしょうか。
事情はそれぞれですが、辞めなければならない状況になると
「辞めたい」では済まないからです。
 
もしもその「辞めたい」原因が
企業側で改善のできることであるならば
改善することで、スタッフの「辞めたい」を
思いとどまらせることができるのではないでしょうか。
 
スタッフが退職をすることで
人材不足になり、コストをかけて求人掲載をしなければなりません。
良い人材が退職をせずに残ってくれることが
企業の一番の財産ともいえるのではないでしょうか。
そうなるためには、まず
「辞めたい」と言われる前に
普段からスタッフとのコミュニケーションをとり
風通しの良い職場の雰囲気をつくっていくことが
大事なのかと思います。

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

---
Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ