日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
歌手ユリアと一緒に考えよう!動画で求人あれこれ~⑦媒体を増やす(無料)
このコーナーでは、
お客様からよくいただく質問・疑問などを
歌手のユリアさんと一緒に
動画でディスカッションしています。
 

今回のテーマは、「媒体を増やす(無料)」です。


ユリア:無料で掲載できる媒体なんてあるんですか?

 

 

林田:無料で載せれるサイトはあります。

例えば、テレビCMでおなじみのIndeed。

あとは、言わずもがなハローワーク。

 

他にも今、ダウンタウンの松本人志さんと

山田孝之さんがCMをしているAirワーク。

あと求人ボックス・スタンバイ・エンゲージ・

げんきワークなど他にも色々あります。

 

 

ユリア:そんなにも無料で出せる求人媒体があるんですね。

求人広告でお金がかからないって最高ですね!

ただなにか落とし穴はあるのでしょうか?

 

 

林田:まず、求人は出すことがゴールじゃないですからね。

やっぱり応募を取ることがプロセスの中で重要なところです。

 

あくまで僕の経験上ですが、うちの顧客層でざっくりとした言い方で

言うと15%くらいのお客様はこれだけでは来ないです。

 

ご存知の通り、僕の会社ではお金を少し頂いて

無料求人広告を原稿作成するというサポートサービスもしています。

それはもうどしどしご依頼いただけたらと思うんですけどね!

 

それで応募が取れている人って見てたら

全体の割合の大体15%ぐらいですね。

 

でも15%でも無料で取れるんだったら僕やったほうがいいと思うんですよ。

はっきり言ったら、無料でずっと載るわけですから絶対やった方がいいですね。

 

無料の落とし穴を説明しますと、1個大事なことがあって。

これ社会問題なってるんですけど…

Indeedとか無料で出せるので、応募者が応募してもその企業から

返事がないっていうパターンが多いんですよね。

ですので、読者があんまり媒体自体を信用してないんですよね。

 

バイトルとかタウンワークだとお金がかかってるんで、

応募があったらクライアントさんも結構、必死で応募者との面接を

とろうとしてくるじゃないですか。だけど、無料で載ってたらちょこちょこ

応募がきた時でも、今は別に求人いらないしなと思って無視する人も

いると思うんですよね。こういうことがあって、やっぱり読者も

半信半疑で応募してるの人も結構多いんですよ。

ですので面接設定したけど、

結構こないとかそういうところもちょこちょこあります。

 

だから、無料で求人出している分に関しては、

面接設定しづらい部分があるので、そこをしっかりやって

いったほうがいいと思います。

 

 

ユリア:なるほど!そういう落とし穴もあるんですね。

では、無料の求人広告ってやらない方がいいのでしょうか?

 

 

林田:いいえ、無料の求人広告はやったほうがいいです。

面倒くさいですけど、全部の媒体に出すぐらいの事をした方が良いです。

その上でリクナビとかIndeedの有料版をやるとかマイナビをやるとかって

その掲載課金型の媒体も掲載すると、効果が倍増します。

 

リクナビを見て、御社のことをネットでもうちょっと調べた時に

たまたま無料求人をまた見て、そこから応募してくれたりとか、

企業の本気度も分かったりしますから。感覚的なものかもしれないですけど、

うちの会社とかでも有料でバイトルとかタウンワークで募集を出すと、

そこからこぼれて無料求人からの応募がくるっていう5%ぐらいあるんです。

ですので、取りこぼしを防ぐこともできます。業界にもよりますが。

  

ユリア:無料媒体と有料媒体を出すことによって

そういったメリットもあるんですね。続いては、無料にこだわらず

ここだけはお金かけた方が良いってところはありますか?とのことですが、

いかがでしょうか?

 

 

林田:無料求人広告は時間がかかります。

ですから、すごい急いでる場合はそこにこだわらないほうがいいですし、

有料求人広告を出した方がいいです。

 

つまり、時間を求めるならお金かけてください。

大事なキーワードですが、広告は時間とお金の交換です。

 

求人広告は手作業で広告を作るわけですから、

人件費しかかかってないんですよね。

だから時間は買えない。これすごい大事だと思います。

 

 

ユリア:広告は時間とお金の交換。パワーワードですね!

では、そういったことに対してお金はどのくらいかかるのでしょうか?

 

 

林田:事例でお伝えします。

無料求人広告でもスピードをもってやる方法があります。

それは何かというと、条件の時給をめちゃくちゃよくすることです。

 

職種によります。ですので、求人倍率が低い職種(事務的職種)で

かつ時給が高かったら、無料求人広告でもその日に応募もあったりします。

リモートでお仕事とかできたりしたら、より一層きます。

 

ですから、お金がかかるといえば人件費がかかります。

当然、給与を良くすれば人件費が上がりますので。

お金がかかるといえば、そこです。そこと天秤にかけてください。

 

 

ユリア:なるほど!やっぱり人気の職種で時給も高くて

働きやすい条件だとすぐに人は集まりやすいですよね。

ちなみに一切お金をかけずに無料求人サイトで

応募が来たことはありますか?

 

 

林田:はい、あります。

うちの会社もまさにそうです。

有料求人広告は年に4回ぐらい出しますが、

うちは無料求人広告で応募がきますね。

 

ただそれもちゃんとロジックがあるので、

だからいいってわけではないんですよね。

やっぱり高めの時給とか働きやすい環境(リモートワーク)とか

求職者の都合にちゃんと合わせている部分っていうのがあるので。

 

はっきり言ったら、一般的な飲食店とか接客業で無料求人だけで

応募を集めるというのは…スピード感をもつのは無理じゃないですかね。

スピードを求めないんだったらあると思います。

1ヶ月に1~2件ちょこちょこ応募とかはあると思います。

 

ですので、応募があるにはあるので、やった方がいいです。

問題はスピードを求めてはいけないということですね。

答えとしては、一切お金をかけずに求人サイトで応募来たことはあります。

 

無料の求人サイトを一括で5原稿。1職種。

つまり、5媒体の原稿を作るってことを

僕達は50,000円(税別)でやっております。

 

これ非常に好評頂いてます!

お金は最初の50,000円(税別)のみでそれ以降は一切、かからないです。

応募がいくらでも取り放題なので、ぜひニーズがありましたら

林田にご相談いただけたらと思います。

 


※動画でもこの内容を配信しておりますので、
ぜひYouTubeご覧ください。

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

---
Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ