日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
歌手ユリアと一緒に考えよう!動画で求人あれこれ~③面接交通費を支給する
このコーナーでは、
お客様からよくいただく質問・疑問などを
歌手のユリアさんと一緒に
動画でディスカッションしています。
 

今回のテーマは、「面接交通費を支給する」です。


ユリア:求人広告で面接交通費を支給という

文言をたまに見るのですが、面接交通費を支給で

応募(クリッ ク)が増えるんですか?



林田:はい。まず、クリック数を増やすには

見出しの表現が良い方が良いわけですから、

キャッチコピー・社名・見出しなどの一覧表示に

その表現を書いていることが前提ですよね。

 

一覧や見出しというのは例えば、

心斎橋 ホールスタッフや心斎橋 営業職とか

梅田 営業職や梅田 事務とかで検索した時に

一覧にたくさんの求人が出てきますよね。

Indeedとかどんな媒体でもそうなんですけど。

 

その時にこの見出しにその表現が

書けているのかどうか?

これがないとクリック数が増えないですよね。

 

本文の中に入れても良いんですけど、

本文の中に入れた場合、

改善されるのは応募率なので

それだけ気をつけてもらったらと思います。

 

ですので、質問の答えとしては増えます。


 
ユリア:なるほど!でもそうなると

正直、お金がない=自己管理できていない人が

来そうな気がしますが…

そこらへんはいかがでしょうか?




林田:職種によるんじゃないですかね。

今、実家暮らしではなくて 
一人暮らしの人で
大阪とか東京でもそうですけど、 
都会に住んでで
家賃が10万円前後するところに 
住んでいるとなると
転職活動していたら、 
お金がなくて当然だと思うんですよね。

 

例えば、泉大津で一人暮らしをしてて

大阪に出てくるだけでも、

往復で1,000円はかかりますからね…

自己管理できていないというよりも

なけなしのお金だと思いますので、

自己管理ができていないというのは

ちょっと違うのかなと思いますよね…。

 

むしろ、今逼迫している方の方が

すぐ働いてくれそうな気がしますけどね。

これは僕の個人的な意見ですけども。

 

 
ユリア:たしかに言われてみればそうですよね!

そういう人の方がガッツがあるかもしれませんし。

では面接交通費を支給するとして、

そのうえでポイントや注意点はありますか?

 

 
 

林田:面接交通費を支給するのであれば、

まずは上限ですね。上限いくらか。

あと、どういう条件で来たかという

証明書はしっかりもらっておいた方が

良いと思うんです。

 

例えば、切符って控えでとれるので、

来た時に電車の切符の控えをとるか

もしくは写真を撮っておいて下さいね。

それに基づいて現金出すのでというくらいは

しておかないと、それこそ変な人が来ますよね。

実際に電車に乗ってないのに、

自転車できてお金だけもらいに来る人とか。

 

そんな人が来たら困ると思うので、

やっぱり必要最低限のそういった確認はするという

ことは求人内容にもちゃんと書いておくべきだと思います。

 

あとは全額支給するのかどうかという部分ですね。

これは次の質問部分にも続いてくるのですが…。

  

ユリア:そうなんです!まさに次の質問は新幹線や飛行機を

使用するような遠方の方にも支給するのか?といった内容ですが、

新幹線や飛行機を利用となるとかなりの金額だと思いますが、

そちらはいかがでしょうか?

 
 

林田:はい、ここがすごく大事なポイントで

まさにこういう人たち向けにとくに大事な施策です。

 

例えば、私の実家は淡路島なんですけども

淡路島に住んでる人が大阪や神戸に出で働きたい!

一人暮らししたい!という人は結構いるんですよね。

 

だけど、今フェリーもないので高速バスに乗って

来るだけでも片道2,000円くらいかかるんですよ。

大阪だと確か片道2,300円やったかな?

往復5,000円くらいかかる中で

採用されるかもわからないのに、

とりあえず来い!気持ちを見せろ!と言われても

それはちょっと困りますよね…。

 

全然仕事がないならともかく、

今って人材難で一応、探したら仕事はある訳ですから。

当然、支給してくれるところを

優先的にいくと思うんですよね。

飛行機や新幹線もしかりですよね。

 

だから、その際に会社の中で経路というものを

指定するべきだと思うんです。

結論は僕は面接交通費を出してあげた方が

良いと思うんです。

 

ただ例えば、伊丹空港からこの電車に乗って

こうやって来てくださいという様な指定をした上で

その現金を来た時に領収書と引き換えで

支給してあげるというのが良いと思うんですよね。

  

ユリア:たしかに遠方の応募する人の

事情など考えると面接交通費を支給してあげた方が

良いですよね。ということは、林田先生なら

面接交通費の支給をやるということでしょうか?

 
 

林田:僕はやります。遠方の人の場合。

ただいきなり一次面接ではやらないです。

やっぱり一次面接はZOOMでやるべきだと思います。

 

ZOOMでやってまずは、その人の人柄を知って

あとは能力・スキルをZOOMの面談で知って、

会話のキャッチボールをしたり、

質問をしていって、できない人にわざわざ

面接交通費を支給したり二次面接をする

必要はないと思うんですけど、

ご自身の会社の採用基準を満たしている人であれば、

会社が人材難であれば、もう1回求人費出すより

面接交通費出す方が絶対安いですから。

 

バイトルとかでも1回で56,000円とかかかるので、

それだったら良い人であれば面接交通費を

出してあげて、それで募集はストップして、

採用した方が絶対良いですから。

僕だったら、一次面接はZOOMで二次面接で厳選して

面接交通費支給というのはやると思います。



※動画でもこの内容を配信しておりますので、
ぜひYouTubeご覧ください。

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

---
Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ