日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
チャットボット(Chatbot)解説

今回は、チャットボット(Chatbot)とはどんなものなのか、
種類や活用方法について解説します。

チャットボット(Chatbot)解説

これまで、企業への問い合わせは、
主に電話やメール、Webフォームなどで行われていましたが、
ここ最近チャットボットの活用が進んでいます。
 

またお客様からの問い合わせだけでなく、
社内システムの利用支援として
チャットボット(Chatbot)を導入する企業もあります。

時折耳にする、このチャットボットというものは、
一体どんなシステムなのでしょうか。

 
 

●チャットボットとは

「チャットボット(Chatbot)」とは、
「チャット」と「ボット」を組み合わせた言葉で、
自動的に会話を行うプログラムのことです。
 

Webサービス上で「何か質問はありませんか?」と
"自動で質問してくるプログラムを
見かけたことがあるかと思います。
 

人工知能と自然言語処理技術の発展により、
様々なチャットボットが登場しています。
「お客様と従業員」のように、
「ユーザーと企業」を結び付ける
コミュニケーションツールとして
近年、増加傾向にあります。

 
 

●チャットボットが会話する仕組み

チャットボットが会話する仕組みは、
大きく分けて2種類あります。

 

【ルールベース(シナリオ)型】

チャットボットが選択肢を提示

      ↓

ユーザーが選択肢から質問内容に該当する項目を選ぶ

      ↓

チャットボットがさらに選択肢を提示

      ↓

ユーザーが選択肢を選ぶ

 

という流れを繰り返し、

最終的にチャットボットから
回答が提示されるというものです。
 

最近では、動画で対応方法を
説明するサービスもあります。

 

選択肢を選ぶ形式の他に、

チャットボットの質問に対して
 
「何をお探しですか?」

      ↓

ユーザーの回答「○○○」

というような一問一答の形式も存在します。

<メリット>

ルールベース型(シナリオ型)は、
選択肢に沿って回答できるため
ユーザーの質問の意図と大きく異なることなく、
正確な回答を期待できます。
 

「システムや機器のトラブル対応」
「操作方法」など、起こった事象や
課題の詳しい状況を整理していく
必要がある問い合わせ対応に向いています。

 

<デメリット>

質問の選択肢が限られているため、
自ずと回答も限られてしまい、
複雑な質問への回答ができないケースがあるのが難点です。
 

一方で回答に必要な、質問と回答のリスト
「QAリスト」の構築やメンテナンスには時間とコストがかかります。

 
 

【自動学習機能型(機械学習型、人工知能型)】

人工知能により、統計的に正解する可能性の高い回答を選びます。

会話のログから自動的に学習し、正答率や会話の精度を上げていく仕組みです。

<メリット>

ルールベース型よりも高度かつ広範囲な
問い合わせに対応することができるため、
オペレーターにかかる人的コストを削減できます。

 

<デメリット>

人工知能は事前にデータを学習させる必要があり、
自然な会話ができるようにするには
膨大なデータのインプットが必要になってきます。
その際、誤った学習をすると、
誤った回答や不適切な会話を行うようになるリスクもあります。

 
 

●チャットボットの活用事例

チャットボットは、
以下のような用途でも利用されています。
 

【社内用の「社内ヘルプデスク」】

パソコンの操作方法や経費精算の方法など、
社内でよくある問い合わせを自動化したものです。
 
 

【お客様に対して回答を直接返す「自動応答型」】

Webサービスに設置されたチャットボットが、
自動的にお客様からの問い合わせに対応するものです。
 

例えば家電メーカーのサイトの場合、
製品の取り扱い方だったり、
自治体の場合は、ゴミ収集についての問い合わせ対応
といったものになります。

 
 
【コールセンターのオペレーターへの「オペレーター支援」】

お客様から問い合わせを受けた
コールセンターのオペレーターが、
チャットボットに問い合わせ内容を
質問すると最適な回答を返すというものです。

 
 

●チャットボットのメリット

チャットボット導入には、
以下のようなメリットがあります。
 

【問い合わせ対応時間の短縮】

よくある内容の問い合わせを
チャットボットで対応することで、
対応時間の短縮が可能になります。

 
 
【自動応答型にすることで24時間対応ができる】

24時間365日チャットボットを稼働させることにより、
夜間・休日の回答を実現可能となります。
機会損失の軽減と顧客満足度向上を図ることができます。

 
 

【回答レベルの平準化、教育期間の短縮】

コールセンターのオペレーターの場合、
問い合わせ対応で同じマニュアルを参照していても、
ベテランオペレーターと新人では
回答内容・時間ともに差が出ることがしばしばあります。
 

チャットボットを使うとテクニカルスキルが不要となり、
オペレーターのスキルに依存しない回答をできます。
そして、教育の簡素化、スキルアップに必要な
工数・コスト削減も可能となります。

 
 

●チャットボットのデメリット

チャットボットの運用を軌道に乗せるためには、
コストの問題、運用面の課題を解決しなければなりません。

 

【初期コストがかかる】

チャットボット導入にあたっては、
「PoC(概念実証:Proof of Concept)の取り組み」
「KPIの設定」「QAリスト作成」など、
十分な準備時間と初期コストが必要になってきます。
費用対効果を得るまでには、
数年はかかると見込んでおいたほうが良いでしょう。

 
 
【正答率を上げる細かなサポートが必要】

チャットボットが安定稼働するためには、
正答率の向上は欠かせません。

質問に対して正しい答えが返ってこなければ、
ユーザー側は、「質の悪いサービス」と
判断することもあるのです。
 
したがって運用にあたっては、
正答率や利用率のモニタリング、会話ログの分析、
QAリストの更新など細かなサポートが必須となります。

 
 

●まとめ

チャットボットを導入することで、
社内・社外の問い合わせから
ある程度開放されることになり、
本来集中すべき業務に集中できるといった
メリットは大きいものと言えます。
 

ただ、「自動化=人員削減」という
イメージを持つ従業員も少なからず居ると思います。

そのため、なかなかスムーズに
協力を得られないこともあるかもしれません。
 

しかし、導入には入念な準備が必要ではあるものの、
正しく運用できれば従業員の手助けとなるものです。

円滑に導入をするためには、
経営者や情報システム担当者が
トップダウンの意識を持ってプロジェクトを
進めることが必要だと思います。

 

チャットボットの導入に関するお問い合わせや

業務の効率化をお考えの方は、
ぜひ林田までお気軽にご相談ください。

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

---
Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ