日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
コロナ禍における入職・離職状況(接客業の方は必読)

今回は、コロナ禍における入職・離職状況
(接客業の方は必読)についてお伝えします。

 

新型コロナウイルスが長期化している中、
店舗経営、企業経営されている事業者様は、
大きな影響を受けていらっしゃるかと思います。

弊社も例外ではありません。
 

今年8月末に発表された厚生労働省の調査結果から
2020年の産業別の入職・離職状況を
見ていくことができますので、
今回はそのお話をします。

 

まず、特筆すべき点として、
離職が入職を上回っている状況であるということです。

厚生労働省の調査結果によると、
2020年の年間入職者数は約710万人、
入職率13.9%と言われています。
 

それに対して離職者数は約727万人、
離職率14.2%と、離職者数が入職者数を上回りました。

このようなケースは実に2011年以来のことです。

 

5人以上の常用労働者を雇用する事業所から
産業・事業所規模別に層化して、
無作為に抽出した約15,000の事業所を対象にした調査です。

常用労働者とは 期間を定めずに雇われている方か、
もしくは1ヶ月以上の期間を定めて雇われている方を言います。

 

入職・離職率というのは、
年初の常用労働者数に対する入職・離職者の割合を言います。

入職超過率とは、入職率から離職率を引いたもので、
プラスであれば入職超過、

マイナスであれば離職超過となります。
 

詳しくは下記リンクの
厚生労働省のページに載っておりますので、
是非参考にしてください。

 

参照元(厚生労働省):
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/index.html

 
 

話を戻しますと、グラフでは直近10年間の
入職率と離職率の推移を出しています。

コロナ禍における入職・離職状況(接客業の方は必読)

またもう一つの表では、
各産業別の入職・離職状況を記載しております。

入職率は宿泊業、飲食サービス業が
26.3%20%を超えました。

離職率も宿泊業、飲食サービス業が26.9%と、
こちらも20%を超えています。

 

その他のサービス業では、
娯楽業や生活関連サービス業なども15%と、
入職・離職率とも15%超えています。
 

ちなみに入職超過率は入職超過になった産業が7%で、
離職超過率が6%となっています。

最も高いのは情報通信業の5.4ポイントで、
最も低いのは生活関連サービス業、娯楽産業の-2.6ポイントです。

 

入職率・離職率を見ることで、
その業界を辞めたり入ったりといかに雇用の動きが
激しいかということがわかります。
 

ここで経営者として注意すべきは、
安定していた人材確保状況が今後、
激しく動き出す可能性があるということです。
 

例えば、ここ5年、10年と
スタッフが辞めていない飲食店さんの中で、
急に人材が辞めてしまったり、
他社に取られたりといったことが起きています。

 

もしそういったことが起きた場合、
実際に人材を採用するには
どのくらい費用が掛かるのかということを、
今からでも把握された方が良いと思います。

お困りごとがありましたら、
林田までご相談いただけたらと思います。

 

地域によっては、新型コロナウイルスの影響や
経済状況は異なります。
 
しかし、この結果を見る限りでは、
飲食・ホテルなどのサービス関連業は、
非常に離職超過が多くなっているため、
ここ数年かなり苦労されると思います。ご注意ください。
 
 

参照元(厚生労働省):
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/index.html

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

---
Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ