日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
【求人広告費を安くする方法③ 】交渉には交換条件を用意する

今回は、クライアントの代行で

広告営業マンと交渉する際には

交換条件を用意する

ということについて紹介します。

 

 

●こんなことにお困りだと思います●

コロナの影響で業績が落ちているため、

なんとか固定費、経費の削減をしたい。

そして、広告費や求人費も

コロナの前と同じような費用を出すのが

難しいという企業さんは多いと思います。

 

ところが、長年お取引しますと

広告営業マンに情が移ったり、

人間関係もできてしまったりして、

今更、安くしてほしいと言いづらかったり

するかと思います。

 

 

●なぜこういったことが起こるのか●

求人広告業界というのは、

営業マンがクライアントに

プランを提案するというスタイルになってます。

 

我々のような広告、ディレクションのプロが

提案するのではなく、

営業マンがプランを提案することが多いです。

 

そして営業マンというのは、

どちらかというと広告のプロというよりは、

クライアントのハートを掴むプロなのです。

 

ですから、今になって

やっぱり安くしてほしいとか

他社と相見積りを取るといったことを

長い付き合いの営業マンに切り出すのは

なかなか難しいものです。

 

今まで自分のために助けてくれたことも

あったかもしれません。

良い付き合いをしてきたからこそ、

そう思うのは当然だと思います。

 

 

●我々でできること、ご提案していること。大体かかる予算●

そこで我々は、1媒体2万円で

業界経験20年の林田が

広告費の調整交渉を代行する

というサービスを行っております。

 

直接会うことなくLINEや電話でのやり取りで

全ての交渉を私がフロントに立って決めていきます。

そして、私ほどのキャリア年数がある

求人広告業界の人間はそんなに多くはおりません。

 

営業さんにしても、

我々に高く売りつけるといったことは

ちょっと難しいでしょう。

 

ただクライアントさんと営業さんの間に

今まで築き上げた人間関係がありますから、

そこは壊さずに交渉いたします。

 

例えば、

今回安いプランで手を打ってくれたら、

代わりにこういうことしますよといった提案などをします。

違う案件の紹介をその営業マンに持ちかけるなどして、

一方的に損をさせないようにいたします。

 

また、今まで15万だったのを

7万で出来るように交渉したとします。

その代わりに、別の仕事を増やすなど

私の方で用意するといったことも可能です。

 

我々は求人のプロですので、

営業マンが一番望んでいることを安くする代わりに

何を提案したら彼らが納得してくれるかということを

どこの誰よりも、

どのクライアントよりも、

わかっているという自負があります。

 

毎月50万円、60万円と

求人広告に使っていらっしゃる方。

半年に1回100万円ぐらい費用を掛けている方。

 

1媒体2万円ですので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

このサービスで20万円、30万円と安くなるのですから、

貴社の経費削減に大きく貢献できるかと思います。

 

ぜひ一度、林田までご相談いただけたらと思います。

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ