日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
【求人広告費を安くする方法① 】掲載枠を小さくする

今回は、

広告プランの値引きを要求するのではなく、

掲載枠を小さくするについて紹介します。

 

 

●こんなことにお困りだと思います●

現状、人が足りないので求人募集を出したい

と思っているものの

コロナの影響で売上が減少してしまって

以前と同じように広告費を捻出することは難しい…。

 

例えば、コロナ以前に

求人広告費に10万円掛けていたけれど、

今もう一度、同じように10万円出すのは

ちょっとしんどいという方は、

たくさんいらっしゃるかと思います。

 

 

●なぜこういったことが起こるのか●

求人広告の業界というのはほとんどの場合、

営業マンがクライアントに広告プランを提案する

といったスタンスになっています。

 

営業マンの営業成績は売上で決まりますから

以前10万円を出していたクライアントには

当然、今回も10万円出してもらいたいのです。

この時点で利害が一致してないわけです。

 

ですので、クライアントには以前と同じ

10万円のプランを提案するでしょう。

しかしオーナーからしてみれば、

営業マンのそういった事情などわかるはずもありません。

 

広告のプロが

「10万円の広告を打ちましょう」

と言っているからそうするしかないんじゃ…

と思い込んでしまって、

実際に掛けられる経費との兼ね合いで

袋小路に迷うかの如く悩まれる方も

いらっしゃるかと思います。

 

 

●解決するには(具体的な方法。)●

結論を申し上げると、

今、コロナの影響で失業率が

非常に上昇しております。

ですので、以前の広告費よりもおそらく

半分ぐらいの費用でも十分に人は集まります。

 

もしかしたら本当はコロナ以前から、

10万円も掛けることなく

人は集まっていたかもしれない。

後から振り返ってみたら

出さなくてもよかった出費だったかもしれない

といったこともあるかもしれないですね。

 

ただ、念のために申し上げますが、

広告費が高いということは

決して悪いということではないのです。

 

けれども、こういった売上が下がるような時期に

改めて今までのあり方を見直すことは

良い機会なのではないかと思います。

 

ですので、この機会を活かし、

一度、安い金額のプランで掲載することを

検討してみてはいかがでしょうか。

 

この際に思い切って、前回の半分または

3割ぐらい安いプランで出してみる

といった切り替えをお勧めします。

 

 

●我々でできること、ご提案していること●

今まで毎月求人費に、

24万円掛けていた方や

12万円掛けていた方が

3万円ぐらいの費用で

募集効果を集めております。

 

手前味噌ではありますが、

このサービスを受けたお客様から

他の方へ我々を紹介して頂くといった

嬉しいことが非常に多く寄せられています。

ぜひ一度、林田までご相談いただけたらと思います。

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ