日本アドカスタム株式会社 求人広告・SP広告のことなら私達にお任せください

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

土日祝も受付・携帯からもOK 0120-5059-44 コーコク良し

telmenu

新着情報

お役立ち情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
QRコードを使って応募率を上げる方法

【現在の応募率に満足していますか?】

 

求人の応募率をもっと上げたい!

とお考えの方は多いと思います。

 

まず応募率とは、

求人原稿をクリックして閲覧し、

実際応募にまで移る確率のことです。

たとえば応募に移る数が5で、

原稿クリックが100件だとしましょう。

この場合、応募率は5%となります。

 

応募率の水準は、エリアにもよりますが

おおむね3%から4%が標準だと

思っていただければと思います。

これが6~7%になってくると、

結構いい応募率だといえますね。

 

今回はこの応募率を上げる、つまり

応募数を増やすための施策をご紹介します。

 

 

【応募者は多数の案件に囲まれている】

 

そもそも、どうして応募率が

なかなか上がらないのでしょうか。

 

求職者はバイトルやマイナビ、

リクナビなどの有料求人サイトを見て

応募しようとしますが、どの媒体でも

「この求人に応募しませんか」という

リマインド(お知らせ)が

来るようになっています。

 

また、メルマガも定期的に届きます。

「あなたが応募した案件と似たもので、

こんな案件がありますよ」

とお知らせしてきて、

どんどん応募させようとするのです。

 

そのため必然的に、1人の求職者でも

4件、5件と応募することになります。

その結果、多数の案件に埋もれてしまい

応募率が伸びないのです。

 

今はおおむね3~4%の応募率が

基準値だと言われています。

これを解決するには

いろいろな方法がありますが

今回はQRコードについて

お伝えしたいと思います。

 

 

【応募の取りこぼしを防ぐために】

 

求人原稿ページをを閲覧した求職者の

なんとほぼ8割は、

その会社のサイトを見ると言われています。

店舗の詳細や企業の情報などを得るために

ネット検索をかけるのです。

 

その際、サイトへたどり着いた人が

応募に移りやすいように、

QRコードの画像などを

アップすることをおすすめします。

 

たとえばFacebookページに

アップしておくのもよいでしょう。

「求人応募の皆様へ、

こちらからQRコードを経由して

エントリー可能です」

などと誘導するのです。

 

また、自社HPにおいても

採用ページの見出し部分に

QRコードを入れておくと便利です。

 

そのほかにもインスタグラムや

グーグルマイビジネスなど、

いろんなツールにQRコードを

アップしておきましょう。

 

そうすると、約0.5~1%の

応募率アップが期待できます。

つまり取りこぼしを防ぐことが

可能になるんですね。

 

また年齢層が高めの求職者は、

何度もページを変遷して

応募フォームまで行き着くのが

面倒だと思いがちです。

そこで、QRコードを掲示して

応募しやすくしてあげるとよいでしょう。

 

今回、QRコード画像見本の貼り付けを

サムネイルにしておりますので、

よろしければ参考に

していただけたらと思います。

 

 

【作成のための費用はかかりません】

 

QRコードの認知率は、中高年を含めても

8割以上にのぼると言われています。

つまり、60代だろうが70代だろうが

QRコード=カメラで読み取るものだと

認識されているため、

非常に有効な手段だと思います。

 

さらに今は、QRコード決済なども

増えてきており、ますます

身近なものになっています。

QRコードは、ぜひ活用されたほうが

よいでしょう。

 

QRコード作成にかかる費用は無料です。

我々に求人のお仕事で

お取引いただいてる企業様には、

0円で施工させていただきます。

 

お困りごとがありましたら

林田までご相談いただけたらと思います。

まずはお気軽にご連絡下さい

0120-5059-44(フリーダイヤルコーコクヨイ)携帯からOK!土日祝も対応!

メールでのお問い合わせはこちら

  • お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

新着アドカスタムニュース

Copyright(C) 2012 日本アドカスタム. All Rights Reserved.

上へ